So-net無料ブログ作成
-| 2010年02月 |2010年03月 ブログトップ
前の10件 | -

静岡市も5万4837世帯に避難勧告 大津波警報で(産経新聞)

 津波警報の発令を受け、静岡県は28日、沿岸地域の自治体や防災関係者が警戒を強めた。午前11時45分現在、静岡市の沿岸地区5万4837世帯に避難勧告が出され、御前崎市でも避難準備を呼びかけている。

 県危機管理局は午前9時33分、気象庁による警報発令に伴い、関係部局の職員を緊急参集。職員は、沿岸部の市町や出先機関と電話やファクスで情報収集する一方、防災無線や職員の巡回で市民に避難を呼びかけ、防潮堤の水門を閉鎖するよう指示を出した。沼津市は、沼津港に面した大型展望水門「びゅうお」を全漁船の帰港後閉鎖する。

 沿岸部に多くの住民を抱える下田市では、防災無線を通じて市内全域に警報発令と避難を呼びかけた。一部の消防団は詰め所に待機し、非常事態に備えた。

 同市の小沢太紀主事は「今回の津波は昼間に来るということなので、足下の見えない夜間に比べて救いがある。津波到達まで時間があるので、万全を期したい」と気を引き締めていた。

 交通機関では、JR東海道線の富士−静岡間が午後1時半ごろから運転を見合わせる。また、清水港(静岡市)と土肥港(伊豆市)を結ぶ駿河湾フェリーが午後の2便の欠航を決めている。

【関連記事】
着のみ着のまま高台へ…緊迫の避難現場、岩手・山田町
予想される津波、高いところでは3メートルも 大津波警報・注意報が出た地域一覧
東北6県警が援助隊待機 大津波警報で警察庁指示
チリ大地震で死者300人超 M5超余震50回以上発生
沿岸住民に避難勧告、指示 大津波警報発表で太平洋沿岸の自治体

女性死亡 息子2人も刺され負傷、義弟を逮捕 倉敷(毎日新聞)
ボンドの2000GTも…往年の名車、夢の競演へ(読売新聞)
県知事選で供応容疑、理事長逮捕=民主落選候補の運動員−長崎県警(時事通信)
ストーブ消し異臭、児童13人搬送 埼玉・川越の小学校(産経新聞)
中曽根元首相「世界遺産実現したい」 ふじさんの日フォーラム(産経新聞)

八ツ場ダム業者が国会議員らに4925万円の献金 「談合の疑いも」(産経新聞)

 八ツ場(やんば)ダム(群馬県長野原町)建設工事の受注業者が、平成20年までの3年間で自民、民主両党の国会議員らが代表を務める党支部などに総額4925万円を献金していたことが分かった。24日の衆院国土交通委員会で民主党の中島正純衆院議員が指摘し、総務省が認めた。

 献金を受けたのは、自民党では、現・元職の国会議員7人や地元自治体の首長らが代表を務める党支部など19団体で総額4839万円。内訳は上野公成元参院議員が1370万円▽中曽根弘文前外相604万円▽山本一太参院議員500万円−など。民主党も石関貴史衆院議員が代表の民主党部など3支部が計86万円を受け取っていた。

 前原誠司国交相は「受注業者から多額の献金をもらうのはいかがなものか。客観的に見れば談合が行われていたのではないかと疑われる状況だ」と述べた。

【関連記事】
八ツ場ダム受注業者、自民議員らに約5千万円献金 前原国交相「談合疑われる状況」
「税の使い道見直す作業」 八ツ場ダム中止で国交相
6都県が「建設中止」の八ツ場ダムに229億円計上
地元「凍結を主張なら対案を」 八ツ場ダム1号橋工事の入札開始も動向不透明
「八ツ場」中止、「胆沢」続行に疑問の声

<元事務員横領容疑>06年度以前の書類不明 毀棄の疑いも(毎日新聞)
【政論】夫婦別姓 3分の2が違和感…子供の視点を(産経新聞)
弁護士の7億円脱税容疑、債務返済免れる目的か(読売新聞)
<敦賀原発>1号機の6年間運転延長了承へ 福井県知事ら(毎日新聞)
未承認バイアグラを広告に、「快適生活」幹部逮捕(読売新聞)

社民、九州案を提示へ=普天間移設(時事通信)

 社民党は25日午前の常任幹事会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先として、米領グアムに加え、九州に暫定的に移す案を政府・与党の沖縄基地問題検討委員会に提示することを事実上了承した。海上自衛隊大村航空基地(長崎県大村市)や佐賀空港(佐賀市)などを想定しており、具体的な地名を明示するかどうかも含め、検討委メンバーの阿部知子政審会長らを中心に「九州案」の中身を詰める。
 阿部氏らは九州には米海兵隊が遠征に使う強襲揚陸艦の母港(米軍佐世保基地)があり、米側の理解も得やすいとみている。使用期限を設け、最終的にはグアムなどへの移設を目指す。 

【関連ニュース】
【動画】第26回自衛隊観艦式
〔特集〕真珠湾攻撃〜ワレ奇襲ニ成功セリ〜
〔特集〕F35ライトニング戦闘機〜次期主力戦闘機の有力候補〜
【特集】陸上自衛隊装備図鑑〜新型戦車、10年度配備へ〜
〔特集〕F22、F35のフォト満載! 軍用機ミュージアム

<厚労省>研修医高給に歯止め 年720万円以上補助金減額(毎日新聞)
首相「税金払ってなかったことも知らなかった」(読売新聞)
ボンドの2000GTも…往年の名車、夢の競演へ(読売新聞)
<公務員法改正>閣議決定 幹部人事を一元管理(毎日新聞)
<入管汚職>芸能家招へい会社社長に懲役1年6月求刑(毎日新聞)

知事選敗北「政治とカネの影響」=鳩山首相(時事通信)

党首討論 政治とカネ問題に終始、内容乏しく 民主政権初(毎日新聞)

 新政権発足後、初の党首討論は政治とカネの問題に終始した。自民党の谷垣禎一総裁は38分間のうち28分、公明党の山口那津男代表は11分のうち9分を割いたものの、鳩山由紀夫首相の答弁は、12日に開かれた衆院予算委の集中審議とほぼ同じ。内容の乏しいトップ同士の論戦を初傍聴した与野党の新人議員は「説明不足」「党首討論は追及の場ではない」と、それぞれの立場で不満をあらわにした。

 自民党の小泉進次郎氏(28)は「総理の仕事は国民に税金を払ってもらって国を運営すること。本人が払っていなかったのに国民に納税をお願いできるのか」と指摘。「カネの問題が続出する民主党は、利権政治に縛られたかつての自民党と同じ道をたどろうとしている」と話した。

 斉藤健氏(50)は「初傍聴で期待していたが、時間が短すぎて予算についての討論が少なかった」と不満足げ。その上で「12億円もの資金を『秘書が管理していて存在を知らなかった』などと繰り返している限り、この問題を決着させるわけにはいかない。証人喚問や参考人招致を開くべきだ」とさらなる説明を求めた。

 一方の民主党の新人の横粂勝仁氏(28)は「党首討論は追及の場ではなく、与野党のリーダー同士が国の根本を話し合う機会のはず。あの約45分を有効に使えば、子育てに苦しんでいる人や仕事がない人を助けることもできるのに」と野党の姿勢を嘆いた。

 長島一由氏(43)は「集中審議の焼き直し。そもそも総理は(資金提供の判明後)納税しており、『総理に脱税疑惑があるから国民が税金を払わない』というのは論理の飛躍」と批判した。【篠原成行、内橋寿明】

【関連ニュース】
17日に行われた党首討論の要旨
党首討論:「与野党機関設置に賛成」政治とカネ巡り首相
<写真で見る>党首討論で“初対決”した福田康夫首相(右)と小沢一郎民主党代表
<鳩山政権の通信簿>マニフェストを検証
<明快図説>民主党の党内人脈図

買い物客に暴走車突っ込み7人けが 駐車操作誤る 広島・福山(産経新聞)
首相動静(2月20日)(時事通信)
「銅」高橋の母「私にとっては金メダル以上」(読売新聞)
拉致被害者支援法の5年間延長示す 中井担当相、北朝鮮人権法改正にも意欲(産経新聞)
NHK職員、夜勤出勤途中に渋谷駅改札エスカレーターで盗撮(スポーツ報知)

桜の開花日 木・金に集中…なぜ? 東京、気象会社分析(毎日新聞)

 最近の東京での桜の開花日が1週間の木、金曜日に集中していることが、民間気象会社ウェザーマップ(東京)の杉江勇次・気象予報士の分析で分かった。関東地方の他都市でも同様の傾向があった。経済活動を反映し、週の後半は他の曜日より気温が高いといい、都市化が開花を促している可能性がある。

【桜開花予想】都心3月24日ごろ 気象庁撤退、民間会社に

 杉江さんは94〜09年、東京での桜の開花日と、この間の3月の最低、最高、平均の各気温を曜日ごとに調べた。

 それによると、開花したのは木曜日に5回、金曜日に4回と全体の約6割を占めた。土曜日は3回で、日〜水は2回以下だった。各気温とも週後半が高く、平均気温の場合、最も高かった金曜日は最低の月曜日を0.95度上回った。

 08年までの29年間の気温を解析した藤部文昭・気象研究所室長の分析でも、都市部では週の前半が低く、後半が高いことが確認。平日と土日では東京で0.2度、大阪で0.1〜0.15度の差があった。

 他都市の開花日では、横浜や静岡、神戸が東京と同じように木、金曜日での割合が高かった。しかし、名古屋は月曜日、大阪は火、水曜日が最多で、福岡は曜日間に目立った差はなかった。

 杉江さんは「都市部では車やオフィスから排出された熱がたまり、木〜金曜日が気温のピークを迎えるのだろう。これが開花に影響しているのではないか」と推測し、「都市間の違いがどこに起因するのかは分からない」としている。

 桜の開花に詳しい永田洋・三重大名誉教授(樹木生理学)の話 面白い着眼点だ。開花は、日射で温められる芽の温度によって左右される。日射との関係を調べるといいかもしれない。【江口一】

【関連ニュース】
【特集】写真で見る各地のさくら便り2010
【特集】さくら情報
<桜開花予想>ウェザーマップが新規参入
<御室桜>クローン技術での増殖に成功 京都の仁和寺の桜 

アカハラ“加害者”を支援 処分基準なく複雑化…再発防止へ(産経新聞)
<東名高速>トラック3台が事故…1人重体 静岡(毎日新聞)
検察審査会、遺族から意見聴取へ=歴代社長の起訴可否検討−福知山線事故(時事通信)
<年金事務費>保険費からの「流用」4年でゼロに…厚労相(毎日新聞)
<シー・シェパード>保護したメンバー、海保が事情聴取へ(毎日新聞)

<無登録営業容疑>投資顧問会社を捜索 5億円集める(毎日新聞)

 モンゴルでの重機リース事業への出資を無登録で募ったとして、警視庁生活経済課は19日、投資顧問会社「東京プリンシパル・セキュリティーズ・ホールディング」(東京都江戸川区)や同「グローバルアイ」(港区)の関係先二十数カ所を金融商品取引法違反(無登録営業)容疑で家宅捜索した。同課は、東京プ社が約100人から約5億円以上を集め、グ社も同様に出資を募っていたとみて捜査する。

 捜索容疑は、両社は投資顧問会社「ニューアジアアセットマネジメント」(港区)から委託を受け、国の登録を受けずに、モンゴルで鉱物を掘削する現地法人に重機をリースする「モンゴル資源開発投資ファンド」への出資を募集。08年12月〜09年7月に神奈川県横須賀市の80代の無職女性ら3人から計約1200万円を集めたとしている。【町田徳丈】

【関連ニュース】
無登録営業:FX高配当うたい十数億円集金か 元社長逮捕
架空増資:投資顧問会社社長に有罪判決 東京地裁
証取法違反:売上高水増し容疑で元会長ら逮捕…横浜地検
システム会社不正取引:元会長ら強制捜査へ 横浜地検など
無登録営業容疑:バルチックカレーの会社を捜索 警視庁

あす男子フィギュア 関大コンビに「金」期待(産経新聞)
住宅火事、2人死傷(産経新聞)
「芦屋の景観にふさわしくない」 市がマンション計画不認定に(産経新聞)
「週刊新潮」の記事問題で楽天の三木谷社長らと新潮社が和解(産経新聞)
犯意否定の会見発言、石川議員「誤解招いた」(読売新聞)

<雑記帳>苗代田祭「ベブがハホ」 宮崎・高原(毎日新聞)

 宮崎県高原町の狭野(さの)神社で18日、豊作を祈る苗代田祭(なわしろだまつり)「ベブ(牛)がハホ(女性)」があった。保存会の約20人が代かきから種まきまでを面白おかしく演じた。

 木彫りのベブにすきを引かせて田を整え、身重のハホが種モミを持って登場する場面がヤマ場。時事問題を織り込んだ方言による即興の掛け合いが見ものだ。

 今の旬は、やはり「政治とカネ」。小沢氏政治団体の土地購入費を揶揄(やゆ)して「4億円のベブよー」と牛を呼び込み、母親から多額の資金提供を受けた首相には「おいたちもこども手当がほしかあ」。【木元六男】

秋山被告3月に判決=防衛コンサル脱税−東京地裁(時事通信)
参院富山に元民放アナ=民主県連(時事通信)
08年度の病院の未収金、推計284億円―四病協調査(医療介護CBニュース)
「男としてダッセー」逮捕少年ブログ?…宮城殺傷(読売新聞)
鳩山首相、子ども手当「満額」こだわらない?(読売新聞)

<訃報>山口安次郎さん105歳=西陣織職人(毎日新聞)

 山口安次郎さん105歳(やまぐち・やすじろう=西陣織職人)7日、老衰のため死去。葬儀は近親者で済ませた。後日、お別れ会を開く予定。自宅は京都市上京区蘆山寺通千本東入北玄蕃町64。喪主は長男巖(いわお)さん。

 京都・西陣の織屋に生まれ、12歳で家業に従事。50代半ばから江戸時代の能装束復元に取り組み、82年に「現代の名工」に選ばれた。86年に来日した英国のチャールズ皇太子・ダイアナ妃夫妻に能装束を贈ったことで話題に。「源氏物語錦織絵巻」で知られた西陣織作家の兄・伊太郎さんと03年に初の兄弟展を開いた他、昨年105歳を記念する能装束展を開いた。

<事業仕分け第2弾>「内部告発」を募集…枝野担当相(毎日新聞)
時代劇ロケ地「流れ橋」、流れないよう新工法(読売新聞)
追加調査を重ねて否定=外交機密費の官邸上納−平野官房長官(時事通信)
首相動静(2月13日)(時事通信)
ブランド買取店に強盗、170万奪われる 兵庫・宝塚(産経新聞)

<シー・シェパード>保護したメンバー、海保が事情聴取へ(毎日新聞)

 平野博文官房長官は16日午前の記者会見で、南極海の調査捕鯨船「第2昭南丸」に乗り込み同船に保護されている反捕鯨団体「シー・シェパード(SS)」の男性メンバー1人について、海上保安庁に引き渡して事情聴取し、国内の司法手続きに沿って刑事処分を行うかどうか判断する方向で調整を進めていることを明らかにした。SSの活動家の日本当局への引き渡しは初めてとなる。

 平野氏は「わが国の法のもとにどう対応するか最終調整中だ」とした上で、海保による事情聴取について「そういう考え方のもとに今調整している。刑法で言うと住居侵入(罪)に該当するのかを含めて関係機関と十分調整する」と述べ、刑事処分を視野に対応を検討する考えを示した。

 また、赤松広隆農相は同日の閣議後会見で「人の船に勝手に上がってきて3億円を要求する。非常にふざけたとんでもない違法行為だと思っている。やるべきところはきちっと押さえながら手続きを進めたい」と改めてSSを批判した。

 08年1月にもSSによる同様の妨害行為があったが、日本側はメンバー2人を豪州政府に引き渡し、批判を浴びていた。赤松農相によると、具体的な引き渡し方法は未定だが、「第2昭南丸」はメンバーを乗せたまま、南極海から日本に向かっているという。【横田愛、奥山智己】

【関連ニュース】
シー・シェパード:「日本の法廷で闘う用意」
シー・シェパード:メンバー刑事処分を協議へ 調査船侵入
シー・シェパード:メンバー1人が調査捕鯨船に侵入
シー・シェパード:抗議船が日本の調査船と接触 南極海
調査捕鯨船妨害:衝突のSS船長から事情聴取 NZ当局

沖縄基地問題検討委、きょう視察団グアムへ(産経新聞)
山本病院 死亡患者だけ執刀 理事長「簡単な手術や」(産経新聞)
自民、首相実母への出張尋問も=民主、「人道問題」と拒否(時事通信)
現行法の解釈で業務範囲拡大を―チーム医療協議会(医療介護CBニュース)
アンチエイジングをテーマに大阪でシンポ(産経新聞)
前の10件 | -
-|2010年02月 |2010年03月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。